ボトックスの禁忌まとめ

HOME » 副作用 » ボトックスの禁忌まとめ

ボトックスの禁忌まとめ

・ボトックスの禁忌とは
ボトックスはシワ取りなどに絶大な効果を発揮し、理想とする顔立ちを実現させてくれます。
しかも注射という形で行うので、顔にメスをいれることはありません。
状況によるので一概には言えないものの、短時間で済みます。
しかし魔法のようなボトックスですが、禁忌をおかしてしまうと副作用が起こるので要注意です。
では「ボトックスの禁忌」とはどういうものか、取り上げます。

・うち過ぎない
まず基本的な禁忌としては、うち過ぎないことです。
ボトックスに起こり得る副作用は人それぞれで、ちょっとした痒みから日常生活に支障が出るレベルのものもあります。
ただどの症状にしても、原因となるのは「ボトックスのうち過ぎ」です。
ボトックスの効果を持続するには、何回かうち込む必要はあります。
ただし連続してうち込むことはなく、短く見積もっても3ヶ月ペースになるでしょう。
「少しでも早くきれいになりたい」という気持ちは、痛いほどよくわかります。
近々何か特別なイベントを控えているのなら、変に焦ることもあるでしょう。
少しでも早く効果を出したいからと、ボトックスを一度に大量に打ち込むのは絶対にやめて下さい。
大抵の医師ならば断るかとおもいますが、利益優先のクリニックなら大量にうち込む恐れがあります。

・持病を持っている人は慎重に
何か持病を持っている人は、必ず事前に担当医に相談することです。
何か持病を抱えて普段から薬を服用していた場合、服用している薬の種類によっては重大な副作用を引き起こす恐れがあるからです。
例えば精神系の薬を普段から服用している場合は、顔の筋肉に力が入らなくなるなどの副作用が考えられます。
他にも神経系の病気を抱えている人も、ボトックスの利用は慎重にならなければいけません。
また妊娠中や妊娠を検討している人も、ボトックスの使用は慎むようにしましょう。
妊娠中のボトックス使用は、クリニックのウェブページにもしっかりと記載されています。

・美容クリニックのウェブページをしっかり読みましょう
ボトックスの使用を遠慮したい人に関しては、多くの美容クリニックのウェブページで確認できます。
副作用のリスクを考えているのなら、美容クリニックのウェブページ内にある「ボトックス使用の注意事項」についてしっかり確認することです。
そしてもし1個でも心当たりがあれば、控える方が懸命でしょう。
仮にウェブページに書かれていなかったとしても、「ボトックスは誰でも受けられる」と思わないようにして下さい。
ボトックスに起こり得る副作用の大半は、少し注意するだけで防ぐことができるのです。